LUNATIC DOLL

"81NvQTFy8kL._SL1015_"

1983年、今となっては世界に誇る日本最強のボーカリストがこのアルバムでデビュー!

僕はリアルタイムでデビューを知らないので、後にこのアルバムを見て

本当に麻里ちゃんなの?と思ったことを今も鮮明に覚えている。

リアルタイムで知った時はPOP系になっていて美人系だったから

本当に目を疑った。

「TO YOU」をよく見てたので

ALL NIGHT PARTYが入っているので

信じざるを得なかった。

当時僕は中学生だったので、間違ってCDをレンタルすると

大赤字だったので、恐る恐る借りた。

1. Noah
2. Tokio Makin’ Love
3. Runaway From Yesterday
4. Love Maker
5. Black Hole
6. All Night Party
7. Mistress
8. Spacer
9. Lights
10. Bottom Energy

さすが樋口プロデュースというだけあって今聴いても格好いい!!

デビュー30周年LIVEでデビューアルバムのオープニングナンバーをやるとこに

粋の良さを重んじている江戸っ娘を感じてしまいました。

冗談はこのぐらいにして(笑)

たいていのさ、アーティストってデビューアルバムがピークなのよ。

だから巷でよくこんなの耳にするじゃん?

「ファーストが良かった」「メジャーになる前が良かった」

こういうことを言っている人・・・・普通です。

デビューアルバムにしても出世作にしてもかなり気合い入れた結果です。

その作品を次作で上回るって本当難しいと思います。

営業でいう昨対越えとかそんなレベルではありません(笑)

音楽って、無くても人間の生死に関係ないので、

下手な音楽に金を安くても払う人はいません。

食の世界は、人は食べないと死ぬので、安さで勝負できるます。

音楽は安さで勝負できる世界ではありません。

その厳しい世界で麻里さんは常に我々ファンを魅了してきました。

だから、麻里さんのファーストが「一番良かった」という意見はあまりないです。

常に進化しているし、勢いがある証拠ですよね!

ハードロックなんだけど・・・初々しさを感じる1枚です。


カテゴリー一覧

ページ一覧

LUNATIC DOLL への2件のコメント

  1. Cars2

    そう、常に進化してるからか1stが1番好きって意見は確かにあまり聞きませんね。でもライブで1stの曲やった時の会場の盛り上がり感は凄いものがありますよね(^-^)

    返信

  2. takanori のプロフィール写真

    takanori

    Carsさん。コメントありがとうございます!!

    1st曲のイントロが流れてきたら「ドキッ」としますよね!!

    そこはファンのみんなが同じ気持ちなのでしょうね。

    と同時に今の歌唱力で昔の曲を聴きたいという願望から興奮してしまうんでしょうね!!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL